coming soon!

数あるサイトの中から、こちらにご訪問して下さった皆様、本当にありがとうございます。 

ぜひ、「正しい姿勢と歩き方」を、まずは、体感しにお越し下さいませ。ウォーキングへの思い、講師を志したきっかけは、プロフィールをお読み下さいませ♪

    浮き指・外反母趾など足のトラブル改善!

    浮き指・外反母趾など足のトラブル改善!歩く時、小指も使えていますか?

     

    長岡京教室の今月テーマ『浮き指・外反母趾など足のトラブル改善!』
    毎日の姿勢、歩き方は、心身の健康、美の土台
     
     
    一生涯、楽に美しく
    楽に美しく歩ける身体づくりも、とても大切にしています。
     
     
    私たちの身体は、体表面積たった2%の小さな小さな足裏が土台、身体を支えている大切なパーツです。
    その小さな足指、足裏のバランスが崩れていると、その上に積み上げらている身体もバランスがくずれやすく、身体のゆがみにつながります。
     
     
    身体は、一つ一つどのパーツも大切ですが、まず、身体の土台である足裏から整える事が、楽に美しく立つ、歩ける近道だということを、
    私自身の身体、そして、多くの受講生さんから、学んできました。
     
     
    ・すべての足指が、まっすぐ前を向いていますか?
    ・親指や小指が、内側を向いていませんか?
     
     
    外反母趾、内反小趾など足のトラブルは、毎日の立つ、歩くから大きな影響を受けています。
    合っていない靴を履くことも、トラブルの原因の一つですが、
    ハイヒールを履く習慣がない方も、外反母趾に悩む方が増えています。
     
     
    ハイヒールを履く習慣がない方でも、普段、足裏の重心を、母指球で支えていると、母指球に、非常に負担がかかり、負担から逃れようと、内側(小指側)へ曲がっていきます。
     
     
    足裏の重心は、踵、母指球(親指の付け根)、小指球(小指の付け根)の3点で、立ちます。
    身体のバランス保持、衝撃の吸収の大切な役割を担う足裏のアーチ構造をつぶさない様に、立ちます。
    立つ時、踵重心で、浮指になっている方が多くの見られます。
    すべての足指が地面に接地していること、
    つい疎かになりがちな小指の意識、丁寧につかうことも大切に^^
     
     
    歩く時、アクセルの役割を担うおしりの筋肉(大殿筋)、太もも後ろの筋肉(ハムストリングス)
    小指は、これらの筋肉につながっていくので、
    小さな小さなパーツ、小指もていねいにつかうことが、とても大切です。
     
     
    力を入れるのではなく、ふんわり、地面をタッチ
    歩く時、足裏は、踵から指先へ順に地面に接地する足裏のローリングを行います。
    この時、前足は、踵からそっと地面におき、足指、小指をふんわり地面にタッチ
    足、脚が変わると、身体が変わります。
    ぜひ、行ってみて下さいね。

     

     
    講師を始めた頃にスタートしたとても思い入れのある教室です。
    通って下さっている方々も、皆さん、心温かい方々ばかり
    昨日も、たくさん笑って笑って、私の方が、いつも元気を頂いています。
    いつもありがとうございます
     
     
    本日も、最後までお読み頂きましてありがとうございました。