coming soon!

数あるサイトの中から、こちらにご訪問して下さった皆様、本当にありがとうございます。 

ぜひ、「正しい姿勢と歩き方」を、まずは、体感しにお越し下さいませ。ウォーキングへの思い、講師を志したきっかけは、プロフィールをお読み下さいませ♪

    楽に美しく歩く『足趾をつかって歩く大切さ』

    足趾でグーをつくると、ポコポコ5つの骨の山が浮き上がっていますか?

     

     

     

    ・浮き上がっていない

    ・浮き上がっているところもあれば、浮き上がりが

     小さいところもある

     

     

     

    立つ、歩く時、MP関節から足指をつかって行います。

    しかし、毎日の立つ、歩くの時に、ここから使えている方は、非常に少なく、使っていないと筋肉が固くなり、退化し、関節が埋もれている状態です。

     

     

     

    足趾、足裏は、身体、健康の土台

     

     

    足裏の体表面積は、全身のたった2%

    その小さな小さな足裏で、私たちの身体は支えられていますから、

    足指を使えていないと、足裏のバランスもくずれ、不安定な土台の上に、高い建物が積み上げられているのと同じ状態で、とても危険です。

     

     

     

    足趾をあまり使わず立つと、重心は、踵よりになり、姿勢は、後ろ重心になります。

    後ろ重心の姿勢は、見た目の印象が悪いだけでなく、

     

     

    ・骨盤が後ろへ倒れ、胸が閉じ、猫背になる

    ・胸が閉じると、呼吸がしずらく呼吸が浅くなる

    ・頭が前に倒れ、首の筋の肉の緊張、凝りにつながる

    ・身体の不調へつながる原因になります。

     

     

     

    今の足趾の状態を確認できたら、その後は、一日、ほんのわずかな時間でも良いですので、

    ご自身の足趾、足裏にふれて下さい。

     

     

     

    足趾にふれる

    足趾と足趾の間をふれる

    足趾をまわす

    リラックスし、ゆっくり行います。

     

     

     

    身体は、何歳からでも変わる

     

     

     

    私自身、自分の経験を通じ体感しているだけでなく、

    多くの受講生さん達が、教えて下さいます。

     

     

     

    足趾が、ほとんど動かせず、ご自身の身体の状態に、驚かれ、落ち込んでいた方も、

    足趾、身体が変わり、笑顔をみせて下さいます。

     

     

    正しい方法で続けること

    とても大切なことです。

     

     

     

    一生涯、楽に美しく歩く

     

     

     

    本日も最後まで、お読み頂きましてありがとうございました。