coming soon!

数あるサイトの中から、こちらにご訪問して下さった皆様、本当にありがとうございます。 

ぜひ、「正しい姿勢と歩き方」を、まずは、体感しにお越し下さいませ。ウォーキングへの思い、講師を志したきっかけは、プロフィールをお読み下さいませ♪

    肩こり改善!二の腕すっきり!歩く時の腕の使い方

    身体をゆるめて、起点を意識する事で、可動域が変わる!代謝があがる!

     

    毎日の立つ、歩くを正しく行い、身体も心も健康に美しく

     

     

    歩く時、腕を意識して、使っていますか?

     

    肩先から腕を使っていませんか?

     

     

     

    腕のはじまりは、肩先ではなく、胸鎖関節です。

    胸鎖関節、肩甲骨から腕を動かす^^

     

     

     

    身体を動かす時、身体をゆるめて、起点を意識し動くと、可動域も広がり、使われる筋肉量も増え、血流、リンパ促進、代謝upなど、嬉しい効果がたくさんあります。

     

     

    まずは、かたくなった筋肉をゆるめる事から^^

     

    1 大胸筋(胸の筋肉)をゆるめます。

    ゆるめ方は、胸の筋肉をふんわりとさわり、ゆらゆらゆらします。

     

    2 脇のくぼみに親指をあて、残りの4本の指で脇周辺をほぐします。

     

     

    3*テニスボールなど、小さいボールをおもちの方

     仰向きに寝ます。

     マットと、肩甲骨の間にテニスボールを入れて、気持ちの良いところでごろごろする事も効果的です。

     

    4『胸鎖関節、肩甲骨からが腕』を意識し、腕を動かしましょう。

     

     

    基本の歩き方の腕の使い方の大切なポイント

     

    歩いている時、無意識に、腕をつかっていると、多くの方が、身体の横のラインより、前よりになっています。

     

    理想は、身体の横のラインを中心とし、前後、同じ量、つかう事

    意識は、二の腕、小指を後ろへ引くようにし、腕をつかって歩きます。

     

    身体の横のラインより後ろ側で、腕が動いている時、肩甲骨がよく動きます。

     

    毎日、何度も繰り返される歩く

     

    正しく行うと、身体にも心にも嬉しい効果がたくさんあります。

     

     

    ぜひ、身体をゆるめて、腕のはじまり、起点を意識し、動かしましょう。

     

     

    肩こりや不眠など身体の不調改善、美しい腕にも、つながります。

     

     

    本日も最後まで、お読み頂きましてありがとうございました。