coming soon!

数あるサイトの中から、こちらにご訪問して下さった皆様、本当にありがとうございます。 

ぜひ、「正しい姿勢と歩き方」を、まずは、体感しにお越し下さいませ。ウォーキングへの思い、講師を志したきっかけは、プロフィールをお読み下さいませ♪

keiko Walking School Blog

2020年

1月

30日

【受講生さんの嬉しいお声】歩き方が変わると『脚が細くなった』

    受講生さんの嬉しいお声】歩き方が変わると『脚が細くなった』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『脚を細くしたい』

『運動しても、脚が、なかなかやせない...それどころか、脚が太くなる気がする』

 

 

 

脚のお悩みをお持ちの方も、とても多いです。

脚は、毎日、何度も繰り返し行っている姿勢、歩き方から、とても大きな影響を受けています。

 

 

 

脚のお悩み改善には、毎日の姿勢、歩き方の改善が、とてもとても大切です。

美脚=つま先と踵をそろえて立った時、内くるぶし、ふくらはぎ、膝横が無理なくつくまっすぐな脚

 

 

 

細いだけでなく、まっすぐな健康美の脚

楽に美しく歩けるまっすぐな脚

 

 

 

脚やせしたい...

まず、自分の歩き方を、確認することから^^

歩いているとき、つま先と膝は、正面を向いていますか?

膝が内側を向いていませんか?

 

 

 

内側を向いている方の原因は、それぞれ個人のくせやゆがみで異なりますが...

・足指が使えていない

・足首が固い

・股関節の内旋

 

 

 

リンパセルフケアと佐々木繁光先生考案『一瞬整体』も行いながら、楽に美しく歩ける身体づくりをゆっくり丁寧に行います。

その後、正しい歩き方の練習を行います。

 

 

 

正しい姿勢、歩き方は、とてもシンプルです。

しかし、筋肉、身体のこわばり、ゆがみがあると、そのシンプルの動作が出来ず、力で正しい状態にしようとしてしまったり、

身体に負担をかけてしまいます。

この事から、楽に美しく歩けるまっすぐな足指、脚、身体づくりを、とてもとても大切にしています。

 

 

 

3回目、お越し下さる時に、多くの方から、

『脚が細くなった気がする』 

『歩くことが楽しくなってきた』という嬉しいお声を頂きます。

 

 

 

それは、受講生さんが、

レッスンや講座でお伝えしたことを、毎日の歩くの時に、意識し、歩いて下さっている結果です。

大切なことは、日常の歩き方にあるから...

 

 

 

 

日々の歩き方が変わると、身体が変わります。

身体が変わると、心も大きく変わります。

心が変わると、行動が変わり、生き方も変わります。

私が、ウォーキングを愛してやまない理由は、

身体の悩みが改善されると、心も元気になるから

笑顔になるから...

姿勢、歩き方が、一人でも多くの方の健康、笑顔につながります様に...

 

 

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。

2020年

1月

29日

京都・伏見稲荷大社デート♪山道、階段を元気に歩けるポイント

思いもかけず主人と二人の時間ができ、『カフェでお茶でも... 』と話していたら、

車の中から、伏見稲荷大社へ向かうたくさんの人が見え、急遽、行くことに

 

 

京都に住んでいながら、伏見稲荷に行ったことがなかったんです。

 

まず初めに、人の多さに、びっくり

 

それもそのはず、『外国人に人気の日本の観光スポット』ランキング、5年連続1位だそう

久しぶりにこうした観光地を訪れたので、わくわくが止まりません^^

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、豊臣秀吉により建てられた

重要文化財にも指定されている『楼門』

神社の楼門としては、最大規模とのこと

 

朱色『千本鳥居』

『あっ写真でよく見る風景』と、ここで、さらにわくわく(笑)

主人と話をしながら歩く時間も、幸せです。

しかし...

頂上まで、まだある...

子どものお迎えの時間まで、残り僅か...

 

 

『後15分、登れるところまで登ろう』と話し、

頂上目指して、歩きます。

『ここまできたら、頂上まで行きたい』という事で、スピードアップビックリマーク

 

 

 

観光ではなく、トレーニングの様に(笑)、ひたすら頂上を目指します。

下山してくる方の清々しい顔とは対照的に、私の顔は、お風呂上りの様になっていたと思いますあせる

 

 

 

 

そして、ついに頂上へ到着音譜

『バンザイ\(^o^)/』

やはり、頂上でしか見れない景色、味わえない澄んだ空気、うれしいうれしい達成感がありました。

余韻に浸り、ゆっくり楽しみたいところでしたが、時間切れ(笑)

再び、ひたすら早足で、下山します(笑)

 

 

下山途中、四ツ辻から見える美しい景色に、思わず足が止まります。

短い時間でしたが、久しぶりに、主人と二人で過ごせた時間

楽しくて、幸せなひと時でした。

今度は、もう少しゆっくり、楽しみたいと思います(笑)

 

 

さて、山登りや階段を上がる時のポイントをお伝え致します。

意識するポイントは3つ^^

①足裏全体で着地する

 フラットシューズの時は、踵から足指へ、足裏全体を順につかって歩きますが、階段や坂を上る時は、

 足裏全体で着地し、足、身体への負担を軽減させましょう。

②正しい姿勢の体幹の位置から下がらない様にする(引き上げる意識で^^)

 体幹が下がると、姿勢がくずれ、下半身への負担がかかり、疲れや痛みにつながる原因になります。

③おしり、太もも後ろの筋肉を意識、身体を後ろから前へ送り出す

 日常の歩き方同様、おしり、太もも後ろの大きな筋肉(アクセルの役割をする筋肉)をつかってのぼります。

 

ぜひ、行ってみて下さいね。

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。

2020年

1月

28日

ハイヒールで楽に美しく歩く『ヒールを履きこなせる足指、足を育てる』

ハイヒールを履きたいけど、足が痛くなるから...と、履くのを諦めたり、痛みを我慢して履いていませんか?

 

 

 

ハイヒールは、美脚、脚長効果、おしゃれなど、女性を、さらに美しく魅せてくれるものであるだけでなく、履くだけで、しぐさ、振る舞い、一つ一つに、『美』の意識が生まれ、心の大きな心の変化が得られる素敵はツールです。

 

 

 

しかし、痛みを我慢しながらハイヒールを履かれている方や、足が痛くなるからと、履くことを、諦めてしまっている方も、とても多いです。

 

 

 

 

 

 

ハイヒールで楽に颯爽と歩きたい

そんな方へ、大切なことは、

フラットシューズと同様に、ハイヒールを楽に美しく履きこなせる足指、足に育てること

正しい歩き方((=身体に負担少ない楽で美しい歩き方)、靴選びです。

 

 

 

ハイヒールを楽に美しく履きこなせる足指、足

・すべての足指がまっすぐ伸びていますか?

・足裏に3つのアーチがありますか?

 

 

 

立つ、歩く、走る際に身体へかかる衝撃の吸収、バランスの保持の役割を担っている大切な足裏のアーチ

 

 

 

アーチがつぶれしまっていると、地面から衝撃がダイレクトに身体に伝わる、身体のバランスがくずれやすく、

さらには、偏平足、外反母趾、内反小趾、開帳足、タコやマメなど足のトラブルにも、

つながってしまいます。

ですので、フラットシューズより不安定なヒールで歩く際には、足裏のアーチが、

とても大切です。

 

 

 

【足裏のアーチを育てるセルフケア】

①足の爪をふわりとやさしくさわります。

 

②MP関節から足指をふわりとやさしく伸ばすようにさわります。

③指と指の間をふわりとやさしくさわります。

・タオルギャザーを行います。

(*イスに座って行っても良いです^^)

ポイントは、足首が倒れない様、指(MP関節)だけでタオルを集めます。

(*親指でタオルを集めようとせず、小指から親指へ向かって順に指を動かしタオルを集めます。)

 

 

 

歯ブラシをする時に、足元にタオルを敷き、ながらで行うのもおすすめ^^

お風呂上りなど、身体が暖まっている時に行うとより効果的です。

ぜひ、行ってみて下さいね^^

 

 

 

ハイヒールで颯爽と楽に美しく歩ける近道は、足を育てること

ハイヒールで楽に美しく歩ける様になると、

美脚、脚長効果、おしゃれがより楽しくなり、美しさが更に磨かれます。

外面の変化は、

内面からの美、輝きも増し、自信も生まれ、ビジネスシーンでも役立ちます。

 

 

 

 

ハイヒールウォーキング【動画】

(↑青文字をクリックして下さい^^)

 

 

 

ハイヒールレッスンは、ベーシックレッスン修了の方、もしくは、コンテスト・面接対策レッスンでお伝えしています。

 

 

本日も、最後までお読み頂きましてありがとうございました。

2020年

1月

22日

楽に美しく歩く『足趾をつかって歩く大切さ』

足趾でグーをつくると、ポコポコ5つの骨の山が浮き上がっていますか?

 

 

 

・浮き上がっていない

・浮き上がっているところもあれば、浮き上がりが

 小さいところもある

 

 

 

立つ、歩く時、MP関節から足指をつかって行います。

しかし、毎日の立つ、歩くの時に、ここから使えている方は、非常に少なく、使っていないと筋肉が固くなり、退化し、関節が埋もれている状態です。

 

 

 

足趾、足裏は、身体、健康の土台

 

 

足裏の体表面積は、全身のたった2%

その小さな小さな足裏で、私たちの身体は支えられていますから、

足指を使えていないと、足裏のバランスもくずれ、不安定な土台の上に、高い建物が積み上げられているのと同じ状態で、とても危険です。

 

 

 

足趾をあまり使わず立つと、重心は、踵よりになり、姿勢は、後ろ重心になります。

後ろ重心の姿勢は、見た目の印象が悪いだけでなく、

 

 

・骨盤が後ろへ倒れ、胸が閉じ、猫背になる

・胸が閉じると、呼吸がしずらく呼吸が浅くなる

・頭が前に倒れ、首の筋の肉の緊張、凝りにつながる

・身体の不調へつながる原因になります。

 

 

 

今の足趾の状態を確認できたら、その後は、一日、ほんのわずかな時間でも良いですので、

ご自身の足趾、足裏にふれて下さい。

 

 

 

足趾にふれる

足趾と足趾の間をふれる

足趾をまわす

リラックスし、ゆっくり行います。

 

 

 

身体は、何歳からでも変わる

 

 

 

私自身、自分の経験を通じ体感しているだけでなく、

多くの受講生さん達が、教えて下さいます。

 

 

 

足趾が、ほとんど動かせず、ご自身の身体の状態に、驚かれ、落ち込んでいた方も、

足趾、身体が変わり、笑顔をみせて下さいます。

 

 

正しい方法で続けること

とても大切なことです。

 

 

 

一生涯、楽に美しく歩く

 

 

 

本日も最後まで、お読み頂きましてありがとうございました。

2020年

1月

16日

お正月太り簡単リセット術(歩き方・ウォーキング編)!

ご訪問頂きましてありがとうございます。

今回は、前回のお正月太り簡単リセット術(姿勢編)!に続き、歩き方、ウォーキング編です。

 

 

お正月に増えてしまった体重をリセットしたいけれど、忙しく時間がない...そんな方も、大丈夫^^

 

 

 

毎日、必ず行う『歩く』を意識し、正しく行うと、『歩くがウォーキングエクササイズ』に変わります。

代謝up、脂肪燃焼の大切なポイントは、『脚、おしり、背中の大きな筋肉をつかうこと』です。

 

 

今の状態を確認してみましょう^^

おしりにふれて頂くと、冷たくなっていませんか?

 

 

 

オフィスワークや食事の時など、普段、座っている時間は、意外と長く、その間、おしりの筋肉が圧迫されていたり、歩く時、おしりの筋肉が使えていないことも、大きな原因です。

 

 

 

歩く時、おしりの筋肉も使えていると、通勤時間、家事の時間、オフィス内での移動など、一日、何度もある『歩く』が、健康的で美しい身体づくりの時間になります。

 

 

 

では、おしりの筋肉をつかって歩く方をお伝え致します。

歩く時のアクセルは、前脚でなく、後ろ脚、身体の背面です。

 

 

 

スクールでは、お越し下さった時に、まず、動画撮影を行います。

『きれいに歩くぞ~』と、意識し、一生懸命、歩いて下さる様子に、

すごくうれしくなるのですが、ほぼ、皆様、前脚で、身体を一生懸命、前へ、

引っ張り、歩かれています。

 

 

 

たくさん歩いた日に、脚の前面がだるい、痛いなど違和感のある方は、要注意です。

歩く時、つま先と膝はまっすぐ正面、

脚は、大腰筋から引き上げ、後ろ脚(太もも裏、内もも)、おしりの筋肉をつかって、身体を前へ送り出す様、歩きます。

 

 

 

大腰筋は、上半身と下半身を結んでいるインナーマッスルで、立つ(姿勢)、歩くに、とても大切な筋肉です。

(写真を参考にして下さい^^)

 

 

 

筋肉は使われないと、どんどん固くなり、固くなると、骨格のゆがみを引き起こし、身体の不調、ボディーラインのくずれにつながってしまいます。

 

 

使う筋肉をイメージしながら、立つ、歩くを行うことも、正しい姿勢、歩き方習得の近道です。

 

 

大腰筋のはじまりの場所をイメージし、その辺りから、脚の力をぬきながら引き上げます。

次に、踵でそっと着地しましょう。

(*つま先と膝は正面)

 

 

後ろ脚(太もも裏、内もも)、おしりの筋肉をつかって、身体を前へ送り出します。

 

 

この動作が難しく感じる方、身体に力を入ってしまう方は、頑張って歩幅を広げようとされている方も多いです。

まずは、歩幅は、無理に広げず、前脚は、上げたら、その場にそっと下ろすくらいの気持ちで良いですよ^^

歩幅は、肩甲骨、背中をつかって歩ける様になられると、無理なく、自然に広がります。

その点は、また、あらためて、ご紹介致します。

 

 

まずは、歩く時、

大腰筋のはじまりの場所をイメージし、その辺りから、脚の力をぬきながら引き上げ、

踵でそっと着地しましょう。

(*つま先と膝は正面)

後ろ脚(太もも裏、内もも)、おしりの筋肉をつかって、身体を前へ送り出します。

 

 

 

毎日の立つ、歩くを、つま先から頭のさきまで、全身を丁寧につかって行えると、

身体にも心にも嬉しい効果がたくさんあります。

 

 

 

楽に美しく歩けると、歩くことが楽しくなります。

楽しいから続けられる。

ぜひ、今日から、意識し、行ってみて下さいね♪

 

 

 

本日も最後まで、お読み頂きましてありがとうございました。

2020年

1月

13日

お正月太り簡単リセット術【姿勢】!

年末年始は、ご家族やご友人と集まり、食べたり飲んだりする機会が多くなりますね。

楽しい時間ですが、気になるのは、お正月太り...

 

食べた物がすぐに脂肪になるわけでなく、栄養素となって、体内に運ばれていくものと、体脂肪に変わるものとがあります。

 

体脂肪に変わる栄養素は、炭水化物と脂質

 

ただ、体脂肪に変わる時間は、食べたもの、糖質が脂肪酸に変わる時間によって、それぞれ異なりますので、一概には、言えませんが、糖質は、2日で脂肪酸に変わると言われていますので、それまでに、リセットしておく方が良いです。

 

 

私は、食べる事が大好き、人と一緒に食事をする時や外食は、食べることを楽しみ、その前後の食事で調整し、運動と合わせて、早めにリセットしています。

 

 

毎日の姿勢、歩き方は、心身の健康・美の土台

 

 

お仕事をしている時、オフィスワークであっても、正しく美しく座るを意識し行うだけでも、とても効果的です。

 

 

運動の時間がとれなくても、通勤途中、家や会社の中を歩く時、意識し正しく歩くだけでも、たくさんの筋肉が使え、代謝アップ、脂肪燃焼につながります。

 

 

今すぐできる正しい姿勢、歩き方のポイントは、体幹を引き上げ、立つ、歩くことです。

 

体幹とは、首から上、足を除く胴体部分のこと

 

 

【今すぐできる正しい姿勢づくり3つのポイント】

①足裏、足指(5本)を地面に付け、立ちます。

②骨盤を立てます(*仙骨(お尻の割れ目すぐ上にある逆三角形の骨)が、床に対して垂直になる様します。腰が反らない様、注意しましょう。)

③頭のてっぺんをふんわり天井へ近づける様にします。

*肋骨一番下の骨と骨盤一番上の骨の間を、縦に長くする様にし、頭をふんわり真上へ^^

(写真を参考にして下さいね^^)

 

 

 いかがですか?...

 

 

 正しい姿勢は、たくさんの筋肉がある体幹を隅々までつかって立ちます。

すると、代謝up、しなやかで美しい身体へつながっていきます。

視線も上がり、身体だけでなく、さらには、気持ちまで明るく前向きになっていきます。

ぜひ、行ってみて下さいね^^

 

 

2020年も、美しい姿勢と歩き方が、皆様の健康、美の一助となります様に...

 

 

2020年

1月

07日

本年も何卒宜しくお願い申し上げます♪

あけましておめでとうございます

本年も何卒宜しくお願い申し上げます

 

昨年は、ウォーキング講師をはじめて、10年になる私にとって、節目の年でした。

 
 
産後、身体も心もつらかった時、姿勢と歩き方に出会い、周りの方にも恵まれて、
続けてくる事ができ、生きがいになったウォーキング講師の仕事
 
 
大好きなウォーキングをお伝えできる機会を、たくさん頂けた事
 
 
Mrs.earth世界大会に出場できた事など、
嬉しい事がたくさんの年であると同時に、
 
 
『実れば実るほど頭を垂れる稲穂かな』
この言葉通りに、振る舞い、生きる素敵な方々
 
『人を応援し、支えられる人になるためには、
自分もそれ以上に、努力し、チャレンジし続ける事が大切だという事』
たくさんの学びも頂けた幸せな年でした。
 
 
 
そして、2020年夏
ずっと思い描いてきた大きな夢が一つ叶います。
 
 
 
いつも支えて下さっている方々のおかげです。
『感謝の気持ちを必ず形に』
自分を磨き高め、一生懸命、頑張って参ります。
本年も、何卒、宜しくお願い申し上げます♪
 

2019年

12月

10日

美LAB執筆!『二の腕すっきり!簡単リンパセルフケア&歩き方のポイント!』

公式アンバサダーを務めます美容サイト『美LAB』執筆!

 

 

クリスマスやお正月などパーティーシーズンへ向け、華やかなドレス、洋服を楽しめる自分へボディーメイキング!

 

 

今回は、『二の腕すっきり!簡単リンパセルフケア&歩き方のポイント!』を、お伝えしています。

 

 

 

全身にくまなく張り巡らされ、老廃物排出効果、免疫効果の大きな役割を果たすリンパが滞ると、身体の不調やボディーラインのくずれにもつながってしまいます。

 

骨格に沿うように、筋肉の中を通っているリンパは、周辺の筋肉をゆるめ、骨格のゆがみを整え、リンパがスムーズに流れる身体づくりが大切!

宜しければ、ぜひ、ご覧下さい。
↓↓↓
https://www.b-lab.jp/207197/

(青文字をクリックして下さい^^)

2019年

9月

26日

歩くとき、脚はどこから使っていますか??...楽に美しく歩ける練習方法

 

歩くとき、脚は、どこから使っていますか?

 

太ももの付け根ではなく、みぞおちの少し辺りから使って歩きます。

 

みぞおちの下辺りから始まり、上半身と下半身を結ぶ大腰筋という筋肉があります。

 

太ももを上げる、太ももを前へ出す機能がある大腰筋をつかって歩けると、嬉しい効果がたくさんあります。

 

●良い姿勢を保持しやすく、高い重心のまま歩ける

 

●脚にかかる負担が軽減される

 

●ひざ裏が自然とのびる

 

●身体が前へ進みやすくなる etc...

 

 

基本の歩き方は、基本の姿勢で立つ事からはじめましょう^^

 

基本の姿勢=楽で美しい姿勢は、★マークをクリック^^

  ↓↓↓

   ★★★

 

【大腰筋をつかって歩く練習方法】

基本の姿勢で立ち、その場で、脚の力をできるだけぬきながら、脚をあげ、足踏みします。

*みぞおち下辺りに手をおき、みぞおち下に意識を向け、脚をあげること^^

 

歯ブラシしながら、練習する様にすると、習慣化しやすくなります。

 

歩く時、みぞおち下辺りから、出来るだけ脚の力をぬきながら歩いてみましょう^^

 

本日も、最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

 

 

2019年

9月

21日

肩こり改善!二の腕すっきり!歩く時の腕の使い方

身体をゆるめて、起点を意識する事で、可動域が変わる!代謝があがる!

 

毎日の立つ、歩くを正しく行い、身体も心も健康に美しく

 

 

歩く時、腕を意識して、使っていますか?

 

肩先から腕を使っていませんか?

 

 

 

腕のはじまりは、肩先ではなく、胸鎖関節です。

胸鎖関節、肩甲骨から腕を動かす^^

 

 

 

身体を動かす時、身体をゆるめて、起点を意識し動くと、可動域も広がり、使われる筋肉量も増え、血流、リンパ促進、代謝upなど、嬉しい効果がたくさんあります。

 

 

まずは、かたくなった筋肉をゆるめる事から^^

 

1 大胸筋(胸の筋肉)をゆるめます。

ゆるめ方は、胸の筋肉をふんわりとさわり、ゆらゆらゆらします。

 

2 脇のくぼみに親指をあて、残りの4本の指で脇周辺をほぐします。

 

 

3*テニスボールなど、小さいボールをおもちの方

 仰向きに寝ます。

 マットと、肩甲骨の間にテニスボールを入れて、気持ちの良いところでごろごろする事も効果的です。

 

4『胸鎖関節、肩甲骨からが腕』を意識し、腕を動かしましょう。

 

 

基本の歩き方の腕の使い方の大切なポイント

 

歩いている時、無意識に、腕をつかっていると、多くの方が、身体の横のラインより、前よりになっています。

 

理想は、身体の横のラインを中心とし、前後、同じ量、つかう事

意識は、二の腕、小指を後ろへ引くようにし、腕をつかって歩きます。

 

身体の横のラインより後ろ側で、腕が動いている時、肩甲骨がよく動きます。

 

毎日、何度も繰り返される歩く

 

正しく行うと、身体にも心にも嬉しい効果がたくさんあります。

 

 

ぜひ、身体をゆるめて、腕のはじまり、起点を意識し、動かしましょう。

 

 

肩こりや不眠など身体の不調改善、美しい腕にも、つながります。

 

 

本日も最後まで、お読み頂きましてありがとうございました。