coming soon!

数あるサイトの中から、こちらにご訪問して下さった皆様、本当にありがとうございます。 

ぜひ、「正しい姿勢と歩き方」を、まずは、体感しにお越し下さいませ。ウォーキングへの思い、講師を志したきっかけは、プロフィールをお読み下さいませ♪

keiko Walking School Blog

2019年

4月

16日

ウォーキングでダイエット♪1日どれくらい歩くとやせる?

ウォーキングをされている方も、多く見かける様になり、健康意識の高まりを感じます。

 

ランニングよりも身体にかかる負担が少なく、誰でも、どこでも始められる手軽な運動です。

 

大切なことは、ウォーキングよ量より質^^間違った歩き方で、たくさん歩いても、かえって、けがや痛みを引き起こすことになってしまいますので、『正しい歩き方』で行うことが大切です。

 

健康面、美容面において様々な効果が期待できるウォーキングですが、

今回は、『1日どれくらい歩くとやせる?』について、お伝え致します。

 

脂肪燃焼、ダイエットを目的としたウォーキングは、摂取カロリーが消費カロリーを上回ることが必要です。

 

生活活動量の指標である『メッツとエクササイズ』を参考にされると便利です。

 

『メッツ』は、運動や身体活動の強度の単位で、安静時を『1メッツ』とし、日常ウォーキングは『4メッツ』、エクササイズウォーキングは、『6メッツ』です。

 

『エクササイズ』は、運動量の単位で、1時間行ったときのメッツ数が単位です。

 

【消費カロリー量の計算方法】

エクササイズ×体重×1.05=消費カロリー量(kcal)

*(例)体重60kgの方が、1時間日常ウォーキングを行った場合

 

4×60×1.05=252kcal

 

人が1kgやせる為には、約7000kcal消費する事が必要です。

 

毎日、1時間日常ウォーキングを行った場合、約1か月必要ですが、まとまった運動時間がとれなくても、歩くは、正しく歩くといつでもどこでもできる運動になりますので、家事や階段の昇降、オフィス内での移動の時など、こまめに歩くことで、カロリー消費につながります。

 

ぜひ、行ってみて下さいね。

 

今回も、最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

2019年

4月

15日

よく頂くご質問『何回で正しく歩けるようになりますか?』

『何回で、正しく歩けるようになりますか?...』

 

良く頂くご質問ですので、以下、ご参考にして下さい^^

 

正しく立つ、歩く=身体に負担少なく楽に立つ、歩くは、とてもシンプルです。

 

ですが、そのシンプルな動作がなかなかうまくいかない、難しいと感じれる方は、とても多いです。

 

それは、筋肉のこわばり、身体のゆがみが正しく立つ、歩くの大きな妨げになっているからです。

 

身体の土台である足裏のバランスがくずれている、O脚やX脚などの脚のゆがみは、

全身のゆがみにつながりやすく、正しく立つ、歩くのシンプルな動作にも、身体のバランスをとろうと、力が必要になり、結果、しんどくて続かないという状態になってしまいます。

 

正しく立つ、歩くは、とても楽で心地良い状態です。

 

正しく立つ、歩くを出来るだけ短期間で、楽に習得して頂く為にも、

足裏から全身を整え、筋肉のこわばり、身体のゆがみを改善する身体づくりをとても大切にしています。

 

私たちの日常には、姿勢、歩き方に気を付けていても、身体のゆがみを引き起こす様々な要因があります。

 

一日で、今までの立つ、歩くを改善することは難しく、日々のゆがみをできるだけその日のうちに改善し、正しく、立つの動作を習慣化することで、身に付いていきます。

 

私の場合、はじめて一日講座に参加してから、日々の立つ、歩くを意識し行い、三か月位たった頃に、身体が変わっていく体感を得られました。

早い方は、もっと早くに体感して頂けています。

 

お越し下さる皆さまに、出来るだけ早く楽に正しく立つ、歩くの心地よさを感じて頂きたい...身体の不調を改善し笑顔になって頂きたい...

その思いから、自身の経験、多くの受講生さんから学び、結果が出たものだけをぎゅっとレッスンに詰め込んでいます。

 

一日で学んで頂けるマンツーマンレッスンは、足裏のバランスを整える、身体のゆがみを改善するセルフケアを繰り返し行って頂ける動画などのサポート、テキストのご用意をしておりますので、『一日』となっております。

 

セミプライベート・グループレッスンは、お越し頂きながら身体づくり、正しく立つ、歩くを学んでいくレッスンになりますので、目安は、5~6回です。

(*あくまで、その方のお身体の状態、個人差によります事、ご了承下さいませ。)

 

お身体の状態、ライフスタイルなどによっても変わりますので、

どのレッスンが良い?迷われている方も、お気軽にご相談下さいませ^^

 

 

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

 

2019年

4月

14日

半日で資格取得!姿勢・ウォーキングアドバイザー養成講座

こんな方におすすめです!

 

営業や販売職等で人と接する機会が多い方、ヨガ、ピラティストレーナー

講師業をされている方

ご家族や友人にも、姿勢、歩き方のアドバイスを行いたい方

お仕事のスキルアップをしたい方

 

 

姿勢、歩き方の習得は、心身の健康、美しい身体づくり、印象アップなどの素晴らしい効果がたくさんあります。

れらの知識、技術の習得は、自らの姿勢、歩き方を改善することはもちろん、家族やお友達に姿勢のアドバイスできるよう姿勢、歩き方の基本を実技で学ぶ講座になります。

ご自身だけでなく、あなたの大切なクライアント様、ご家族の幸せな未来につながります。

 

 

 

 

【姿勢アドバイザー講座内容】

・協会の理念:「姿勢」に対する考え
・姿勢理論:身体の骨格構造 / 姿勢に影響する日常動作
・姿勢実技:基本姿勢の実践 / 姿勢改善ストレッチ
・姿勢アドバイス法:知識と実践を活用したアドバイス法を学ぶ

 

 

 

【ウォーキングアドバイザー養成講座内容】

*ウォーキングアドバイザーは、『姿勢アドバイザー講座』修了の方が対象です。

*ウォーキングアドバイザーは、講座前半に「姿勢アドバイザー講座」を実施し姿勢について学びます。    

・協会の理念:「姿勢」「歩き」に対する考え

・姿勢理論・実技:基本の立ち方理論と実践。改善ストレッチとアドバイス法

(姿勢アドバイザー講座に準ずる)

・ウォーキング理論・実技:基本の歩き方のメカニズムを学び実践。

 ウォーキングを効率的に行うストレッチを学ぶ。

・ウォーキングアドバイス法:知識と実践を活用したアドバイス法を学ぶ

 

 

【ご受講料】

姿勢アドバイザー講座

ご受講料 21,600円(税込み) ※テキスト代含む

 

ウォーキングアドバイザー講座

ご受講料 37,800円(税込み)※テキスト代含む

※ウォーキングアドバイザーとセット受講の方は、両講座合計54,000円(税込み)でご受講頂け、5,400円お得です。

ディプロマご希望の方は、下記、費用が別途必要です。  

 

日本ウォーキングセラピスト協会認定証(ディプロマ)発行料

・考査試験代:3,240円、ウォーキングアドバイザー考査試験:5400円

・認定証発行代:3,240円

・協会入会費:1000円

・協会年会費2000円

  

※姿勢アドバイザー考査試験代含、既に「姿勢アドバイザー」を御受講頂いている方は3,000円(別途消費税)となります。

 

※日本ウォーキングセラピスト協会認定「ウォーキングアドバイザー」になるためには、当協会(準会員)への入会が必要です。詳しくは、協会ホームページをご覧下さい。 http://walking.bz/

 

【開催に関するお問合せ先のご案内】

 ご質問等は、お問合せフォームからお願い致します。

 

 

2019年

4月

14日

つらい腹筋より効果的!きれいなくびれをつくる正しい姿勢のポイント!

細いだけでなく、きれいなくびれがある女性らしい身体

 

ボディーラインは、毎日の姿勢、歩き方から大きな影響を受けています。

 

 

正しい姿勢づくりは、土台である足元から整えていく事が大切ですが、今回は、きれいなくびれを作る姿勢のポイントをお伝え致します。

 

女性らしいきれいなくびれづくりは、つらい腹筋より、正しい姿勢で毎日を過ごすこと^^

 

お腹には、骨がないため、日々の姿勢がダイレクトにボディーラインにあらわれやすい場所です。

 

骨盤を倒し、背中を丸めた姿勢は、その時は、何となく楽に感じられるかもしれませんが、

身体は、形状記憶(^-^;

そのままボディーラインをつくっていきます。

 

 

正しい姿勢が楽にとれる方は、その状態が一番楽で心地良いですので、くずした姿勢は、しんどく感じます。

 

きれいなウエストのくびれをつくる正しい姿勢のポイントは、

骨盤の一番高い骨と、肋骨の一番下の骨との間の距離を、長くとることです。

 

骨盤を倒さない様に立ち(骨盤を立てたまま)、バンザイをし、肩の力をぬきながら手を身体の真横に下ろします。2~3回、同様に繰り返します。

 

正しい姿勢づくりをした後、体幹、おへその位置を下げないようにする

=骨盤の一番高い骨と、肋骨の一番下の骨の間の距離を、長くとった状態をキープする

 

この時、腰を反りやすいのですが、腰に負担がかかり、腰痛を引き起こしやすくなりますので、NGです。

 

お腹から首の後ろの筋肉、そして、頭を持ち上げる様に、ウエストラインを縦に長くつくる様にします。

*腰は、楽な状態です。

 

正しい姿勢は、きれいなボディーラインを作ってくれます。

 

いつでも、どこでもできる最高のエクササイズです^^

 

電車で立っている時、信号待ちをしている時など、ぜひ、ウエストを縦に長くつくるを意識し立ってみて下さいね。

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

2019年

4月

11日

猫背改善は、大胸筋と胸鎖乳突筋をゆるめる事から♪

ご訪問頂きましてありがとうございます。

 

猫背...

 

猫背は、見た目の印象だけでなく、身体にも心にも、マイナスの事ばかり...

 

猫背は、周りの方から指摘されて気づく方が多いです。

 

以前の私もそうだったので、すごくよくわかります。

 

身長が177cmの私は、中高生の頃、それがコンプレックスで、とにかく小さくみせようと自然と背中や肩を丸めていました。今、思えば、そうする事の方が余計に目立ち、しかも、見た目も良くないのですが...

 

そして、『姿勢良く』と声かけされても、今度は、『良い姿勢』がわからず、肩甲骨に力を入れ、胸をはる、腰を反るなど、自分なりに良い姿勢づくりをし、がんばっていました。

 

しかし、そんな姿勢は、しんどくて長く続けられず、又、元の姿勢に戻る、猫背を指摘される、そんな繰り返しだった様に思います。

 

正しい姿勢づくりは、身体の土台である足元から整えていく事が大切ですが、今回は、猫背改善の大切なポイントをお伝え致します。

 

それは、大胸筋=胸の筋肉と首の筋肉=胸鎖乳突筋をゆるめてから姿勢づくりを行うことです。

 

大胸筋=胸の筋肉をふわりとつかみ、ゆらゆらとゆらします。

出来るだけ深いところからゆらすします。

痛みがある方、固い方は、決して無理なさらずに、ふわりふわりとやさしくゆらします。

 

首の筋肉=胸鎖乳突筋(耳たぶの後ろから鎖骨辺りまでつながる大きな筋肉です。

耳たぶのうしろから鎖骨にかけて、やさしくふわりとなでます。

ゆらゆら揺らせる方は、ゆらします。

 

そして、猫背を引き起こす大きな原因となる頭が前に傾いた状態を改善するために、

頭をまっすぐに起こします。

この時、お腹から首の後ろの筋肉を引き上げ、頭をまっすぐにする意識で行います。

頭を風船のイメージをし、ふんわりお空に飛ばす様に頭をまっすぐにすると良いですよ。

正しい姿勢、歩き方も、イメージをしながら行うことも、とても大切です。

 

姿勢が変わると、身体にも心にも嬉しい効果がたくさんあります^^

 

ぜひ、行ってみて下さいね。

 

本日も、最後までお読み頂きましてありがとうございました。